★早友会会費の納付について 
平成30年度会費(平成29年10月〜平成30年9月)の納付について。

  会 費 : 1,000円

  振込み手数料は個人負担でお願いします。

(1)下記の口座にお振込み下さい。
    銀行名  : 三井住友銀行 鳳支店
    口座番号 : (普通)1795042
    口座名義 : 早友会 会計 南側晃一

(2)ゆうちょ銀行への振込みを希望される方は以下の口座へお願いします。
    記号 : 14090
    番号 : 34225181
    名前 : 南側晃一(ミナミガワ コウイチ)

★2018年度 早友会見学会のお知らせ

 
    「人と防災未来センター」

早友会の見学会を「人と防災未来センター」で計画していたところ、
6月18日(月)に思いもかけない震度6強の地震が、大阪府の北部を襲撃しました。
高槻、茨木方面では大きな被害が出ています。
近畿には、今後、南海トラフの巨大地震の襲来も予想されます。
この機会に地震について勉強し、対策を考えておきましょう。
多数のご参加をお待ちしています。

 1.日 時 : 2018年7月22日(日)
 2.集 合 : 阪神電鉄「春日道駅」改札口 14:00集合
 3.参加費 : 入館料600円、交流会4,000円程度
 4.申込み期限:2018年7月15日(日)
 5.申込先 : minamigawa@etude.ocn.ne.jp (早友会幹事長 南側晃一)
 6.見学会(案) : 14:30〜16:45 「人と防災未来センター」
   14:30〜15:00 西館4階 震災追体験フロア(約30分)
   15:00〜15:15 西館3階 震災の記録フロア(約15分)
   15:15〜15:30 西館2階 防災・減災体験フロア(約15分)
   15:45〜16:15 東館3階 水と減災について学ぶフロア(約30分)
   16:15〜16:45 東館1階 こころのシアター(約30分)
 7.懇親・交流会 : 17:00〜19:00 かごの屋阪神春日野道駅前店(予定)  

★第3回早友会技術発表会の報告
2017年9月10日(日)の13:00〜16:30に、立命館大学茨木キャンパスA棟「中ウイング3階」(AC348セミナールーム)で
25名の参加者を得て、第3回技術発表会が開催されました。
初めの発表は早川会長で「氷河と地球環境問題」について報告されました。
これまでにスイス、ノルウエー、カナダ、ネパール等を旅行した際に、世界の氷河が衰退していることを確認し、
現在喫緊の問題ともなっている地球環境問題に絡めての話題でした。
2件目の話題は、大前さんによる「茅葺古民家の補修技術」に関するものでした。
高速道路建設に伴って茅葺古民家を移築する技術等について報告されました。
貴重な文化遺産ですが、移築に当たっては反対意見もあり、御苦労されたことも多かったようです。
この家屋が大前家のものであったことには驚きました。
大森さんの話題は「水の七不思議」に関するものです。
水の得異な性質は67もあるとの指摘の上で、大森さんが抽出した七つの水の不思議、例えば”熱しにくく冷めにくい”などについて、具体例を元に説明されました。
前半最後の話題提供は、口西さんより「現地踏査の基礎知識」に関して、充実した資料に基づいた講演でした。
貴重な調査事例が次々と紹介されました。後半の最初の発表早川会長よるもので、ベネチアの水上都市建設がどのように行われたかについて説明。
それに付けくわえて、ベネチアが共和国となる歴史についても触れられました。
世界的にも建築美術文化で有名なベネチアですが、今後の地球温暖化が続けば水没する危険性もあります。
2番目の発表は平野さんによるものです。プロジェクト提案としての「広島空港へのアクセス交通」がテーマでした。
ローカル空港?である広島空港の活性化とそれに伴う旅客輸送として軌道系アクセスなどを提案した内容の報告でした。
続いて、西村さんから、京都市内現場での事故処理に関しての報告がありました。題名は、「下水道管路施設に起因した道路陥没」でした。
最近、福岡市でも大きな道路陥没事故があり、マスコミで大きく取り上げられました。
道路陥没の主たる原因は、硫酸によるコンクリート腐食ということで、我々の生活環境に直結した問題でもありました。
最後の発表は安川先生で、兼ねてから裁判所の地盤会計の専門委員と調停委員をされてきました多くの経験事例から、
「民事損害賠償裁判における地盤訴訟問題」について、総論的な話をして頂きました。

 Copyright(c)soyukai All Rights Reserved